>>index>>Garelly>>「遡行」


■「遡行」




■ボトムズ 第21話予告より

人は戦場に何を求める。
ある者はただその日の糧の為に引き金を引く。
ある者は理想の為に己の手を血潮に染める。
またある者は実り無き野心の為に硝煙と死臭にまみれる。
雨は汚れた大地をみそぎ流れとなり、川となって常に大河を目指す。

 次回「遡行」

人は流れに逆らい、そして力尽きて流される。




■キットに関して

タカラのアクティックギアとホビーボスの1/48LCMを使用し、
ボトムズ第21話の雰囲気を出すべく製作しました。

本当ならビートルがあと2機いるはずなのですが、
それをやるにはLCMが小さすぎ&資金難で断念(;´Д`)

気になる方は
それぞれの機体に乗っているのはお馴染みの面々でなく
他の人物である、とでも解釈してください。




■製作

■マーシィドッグ
上腕部の肉抜き穴が気になったのでプラにて新造。
アンテナをステンレス線(塗らない場合は便利)に変更。

■ダイビングビートル
指揮官機らしくバックパックにアンテナを追加したほか、
スモークディスチャージャーを追加。

■ベルゼルガ
パイルバンカーの排気口をディテールアップパーツに
置き換えたのみで、ほとんど素のまま。

共通の改造として、
銃のマズル部のの開口や装備品の追加を行っています。

完成品トイの改造・リペイントは今回が初めてなわけですが、
素材であるABSの扱いづらさには閉口しました。
シンナーで塗装落としてるとパーツが割れたり、
ヤスリをかけると毛羽立ったり・・・。
当分の間はパスしたいところです。


■LCM
ハッチを可動式に改造し、ワイヤーによる開閉から
アームによるものに変更。
操舵席は外から見えるようにしましたが、
このキットにはフィギュアが付属しいておらず、
探し回っても合うものがなかったため大失敗。

■キューベルワーゲン
バンパーとワイヤーカッターを追加。
腕木式のウィンカーをオミット。

■モトタグ
オマケなので素組み。荷台はドイツ軍機関砲セットから流用






■塗装とか

ATは劇中のイメージを再現すべく調色。

LCMの船体は劇中のような単色塗装だと間延びがひどいので
迷彩仕様にしてみました。
尚、アストラギウス文字のマーキングは
1/24のキットからデカールを流用しようとすると
黄色の数字しかないためフォントを自作して対応。

キューベルワーゲンとモトタグについては
オマケ扱いなのでその辺にあった色で適当に










余談

ミニスケールとはいえキット6つで一作品は疲れました⊂⌒~⊃。Д。)⊃