>>index>>gallery>>エルドスピーネさん


■エルドスピーネさん作 スコープドッグ・リーマン機










コメント

使用キット
ウェーブ 1/24スコープドッグ・リーマン機
ウェーブ 1/24スコープドッグ用降着機構&RSC改造キット

「野望のルーツ」のクライマックスで、リーマン少佐がキリコを抹殺するために乗っ
た指揮官用のスコープドッグ(レッドショルダーカスタム)です。
キットはウェーブの1/24STTCにリーマン少佐機に改造するためのレジンキットを付属させた
「オペレーション・サンサ」シリーズの一つです。これにRSC改造キットの脚部パーツを
使って降着可能なリーマン少佐機を作ってみました。今回は使い古された機体という
コンセプトで製作しました。

・組み立て&改造
基本的な改造は、ドウセイさんのサイトのウェーブ製1/24スコタコ改造ページ
を参考にさせていただきました。右脚とバックパックのフックは2ミリの真鍮ライン
で作り直しました。あとは、全身のリベットを交換したり、ボトムズアーカイブに出
てきたイラストにならってリベットを幾つかリベットポンチで追加したり、アンテナ
をピアノ線に交換したりなどのディテールアップを行いました。レンズは定番工作
であるZバーニアとHアイズを使っています。

・塗装
金属色等以外はマホガニーをベースに、基本色を吹いた後に
ウォッシング&ドライブラシです。
ウォッシングは、エナメルの黒とこげ茶を混合した「黒に近い茶色」です。
グレー系で塗装した部分は軽めにしました。ドライブラシはエナメルでとことんまでかけました。
やってみて・・・やはりセンスがなさすぎ(爆)
そして今回はエナメル溶剤の恐ろしさを感じさせる事件が起きました。
腰の装甲をウォッシングしたら、左前装甲の繋ぎ部でひび割れが発生してしまった・・・
これが起きたときは本当にやるせない気分になりました。
一応修正しましたが・・・あと、レジンパーツは塗装が剥げやすいですね。
銃などの金属色はフラットブラックをベースにネービーブルーを吹いた後、
メタリックグレーで軽くドライブラシしています。デカールは使用していません。

・ウェザリング
使い込まれた機体という設定で不自然にならないまで汚しています。
使用したのは通常の塗料の他、ウェザリングカラー、油彩絵の具等です。
HJ389号の野本憲一さんのスコタコの作例や、
AM誌のMIGさんの作例を参考にさせて頂きました。
全体的にこげ茶のエナメルでサビサビな感じにしています。
オイルだれ等は油彩絵の具と無臭ペトロールで行いました。
無臭ペトロールは溶解力は低いのですが、その分エナメルをそれほど溶かさないので、
エナメルでドライブラシをした場合は最適ですね(笑)