>>Index>>Gallery>>ヘッツァー初期型


■ドイツ軍 sd.kfz.138/2 ヘッツァー初期型





■キットと実車に関して

ヘッツァーは3号突撃砲の代用として
BMM社で開発されていた新型38(t)戦車をベースに製作されました。
主砲が車体の中心からズレているためバランスが悪く、
装甲も正面を除けば薄く、内部はとにかく狭い等の
欠陥を抱えた車両ではありましたが
数で不利を補う戦法により大きな戦果を上げました。

キットはドラゴンモデルの1/35ヘッツァー初期型。






■製作

全体としての出来は良いですが
・誘導輪やフェンダー等の目に付くところに押しピン跡がある
・防盾がズレていて車体からはみ出す
というやや残念なキットで、
このあたりの処理と細々したディテールアップを行いました。

塗装はややくたびれた感じに。
チッピングは爪楊枝でやってみました。