>>index>>gallery>>KV-1B


ソ連軍  KV-1B重戦車 [1941年,夏]



キットと実写に関して

KV-1Eはソ連が開発した重戦車です。
初期から中期にかけての独ソ戦では重装甲に高火力で
ドイツ兵から怪物扱いされていました。
ただし信頼性には大変な問題を抱えており、
整備士が同乗することさえあったようです。

E型はその中でもアップリケアーマーを装着して
更なる重装甲化を図ったタイプで、
35ミリの装甲板を各所にボルト留めしたスタイルが特徴。

キットはタミヤのKV-1E。






製作
塗装の練習をしたかったので
真鍮挽き物砲身とモデルカステンの履帯以外はほぼ素組。




塗装とか

1、マホガニーの下地に明るく調整したロシアングリーン2で基本塗装
2、とりあえずハンブロールのグレーでウォッシング
3、チッピング&フィルタリング
4、もう一度錆色でウォッシング
5、パステルワーク

・・・となっていますが今回もまた反省点が続出しました。
錆ウォッシュは局所限定的なほうが効果的だし、
スローガンは片方収まりきらないではみ出してるし、
そのほかにも色々と・・・・・