>>Index>>Gallery>>SU-152


■ソ連軍 SU-152 [1943年 9月生産型]



■キットと実車に関して

SU-152は「大口径砲装備の突撃砲を速やかに開発せよ」という
ソ連軍の要請により製作された車両です。
実際152mm榴弾砲の威力はすさまじく
直撃すればティーガー戦車ですら容易に破壊できましたが、
防御面の問題から正面からの撃ちあいでは不利だったため
JS系列の突撃砲に徐々に取って代わられていきました

キットはブロンコモデルの1/35 SU-152。
エッチングパーツと可動履帯が同梱で
ディテールアップパーツいらずの内容になっています。






■製作

元々の出来が良いので素組み。
唯一可動履帯の出来が若干残念でははありますが、
組みつけてしまえば気にならならないレベルです。